お電話のお問合せは0120-80-4904

よくあるご質問

Q&A

本当に研修の中で多くの技術を身に付けることができますか?

身に付けられます。その理由として以下があります。

  1. 研修を受けられる方は未経験者の方もいらっしゃいます。それもあり少人数制で一人一人しっかりと技術をお伝えしています。また技術的に熟練しないとできないこともあるため、そこは協力業者に依頼するなどの手段を伝え、お客様の要望に全てお応えで出来る体制作りの方法をお伝えしています。
  2. 研修中、毎日夕方から夜にかけて「セルフトレーニング」の時間を設けています。これによりその日の疑問や不安をその日で解消し、わからなければその日のうちに解消するようにしています。
ご依頼されるお客様はどんな方が多いのですか?

お困りごとがありましたら全ての方がお客様になります。このうち40代から60代の女性が比較的多いです。特に近年は女性の一人暮らし、母子家庭の方も増えています。また共働き世帯や高齢者世帯の増加などでご依頼を頂く機会は増えています。

なぜフランチャイズが多いのか?

ご加盟される方々の理由は様々です。ただ皆様に共通しているのは「地域のお役に立ちたい!」という気持ちがおありだということです。専門的な技術があっても、営業技術に長けていたとしても、その気持ちがなければ地域の方に「感動」を与えることはできません。皆様が「地域のお役に立ちたい!」と、思い入れを起こす地域は、やはり会社を運営する上で労働力を提供してくれた地域や、生まれ育った町です。ベンリーは困っている人をお助けする事業です。そのため私達も地域の企業様や土地土地で生まれ育った方がベンリーを行い、親身にご対応頂く方が地域の方にとってよりよいと考えているのです。”親身にご対応頂く”言葉にするのは簡単ですが、思い入れがあるのとないのではどうしても差が生まれます。そのため私たちはフランチャイズという手段を選んでる理由です。

都市ではなく、郊外でもこの事業は展開できますか?

展開できます。ベンリーチェーンのトップセールスは福井県と石川県の加盟店様です。ベンリーはサービスをお客様にご提供する仕事でありますので、地域の方がいて、困っている方がいらっしゃれば全てベンリーのお仕事になります。私たちは地域に密着したリピートビジネスを展開していますので、どの地域であっても需要はあります。

会社でベンリーを新規事業として進めていきたいのですが、どのように取り組んでいったらよいでしょうか?

まずはベンリーを専任で取り仕切る方を最低1人は置いてください。この方を中心に構想を立てていきます。この理由として、実際ベンリー事業は、別の部門と兼任で行えるほど事業として浅くはありません。別の部門と兼任で行っていくと、どうしてもどちらか疎かになってしまいがちになります。それよりもベンリーは2店舗、3店舗と多店舗展開していける事業ですので、しっかり体制を整えていく為には必要です。

新規事業として売上の向上だけでなく、多店舗展開も考えていきたいのですがその下地はありますか?

ベンリーの研修プログラムでは核となる部分が「人材育成」です。ベンリーの長年のノウハウで作り上げた人材育成プログラムを使うことで、「人を早期に育て多店舗に展開していける」体制を作ることできます。

ベンリーの事業だけではなく、自社のサービスをベンリーに取り入れて展開していく事はできますか?

地域密着のベンリーの信用を武器に、床暖房・太陽光発電をご提案されるエネルギー系の企業様、車検などを薦める各種レンタル業を営まれている企業様など自社の得意とされることとベンリー事業を合わせて展開している加盟店様もいくつかございます。

Copyright © 2010.Benry Corporation. All Rights Reserved.
生活支援サービスのベンリーコーポレーション 便利屋チェーン加盟店募集ページ