お電話のお問合せは0120-80-4904

―― 人材育成についての調査結果
―― 高齢者をターゲットとしたビジネスで求める産業振興策
―― 社員教育から見た生活支援サービスFC加盟
―― ご加盟企業の方より

人材育成についての調査結果

  • 近年多くの企業の方は人材育成について、多くの課題を抱えているという調査結果があります。

  • 能力開発での問題点

  • 能力開発について問題があると答えた企業が70.7%に上るとあります。またその内容を見てみると、大きな理由としてあげられるのが指導する人材不足です。専門として指導する人材が能力を開発する上で必要とされています。

  • 充実のサポート体制


  • 人材育成の方針は人材の底上げが多いようです。

  • 人材開発に関する実態調査
  • 産業能率大学総合研究所 経済危機下の人材開発に関する実態調査(2010年)より

  • 教育投資のスタンスとしては52.0%が底上げ型の育成を重視しています。また教育の形態としても一律型が中心であり、汎用的な能力を高める研修が中心です。汎用的な能力を高めることで、様々な部門をまとめる将来の管理者・幹部候補の素養も養えられます。

高齢者をターゲットとしたビジネスで求める産業振興策

  • 高齢世代をターゲットとしたビジネスの振興に必要な支援を聞いたところ、「市場ニーズの把握」が40.0%、「介護・健康分野の専門人材の育成支援」が39.2%と拮抗しています。このことから介護・健康サービスを展開していくためには、市場形成支援や事業を構築するための人材育成が重要であると考えられます。


  • 高齢者及び健康意識の高い人をターゲットにしたビジネスで求める産業振興策

  • 九経連会員向け「九州企業の介護・健康サービス分野への参入状況アンケート調査」より

社員教育から見た生活支援サービスFC加盟

    アイコン
    マナー向上教育で重要なことは?
    アイコン
    元々マナーとは行儀・作法を言い、社会人が企業で働く上で身に付けている事が望ましいことをビジネスマナーといいますが、結局のところ「立場を考える」「言葉遣い、敬語」「コミュニケーションスキル」「聴く力」などが重要となると思います。また相手に共感する「共感力」が何より重要と考えます。

     

    アイコン
    サービスの質を上げるための教育のポイントは?
    アイコン
    机上の教育より、百聞は一見にしかず。まずは行動ではないかと思います。様々なシチュエーションをシュミレーションし、繰り返し「このときはどうすればいいのか」を学ぶ。これが重要です。ただこのシュミレーションを行う場合、講師が様々な人とコミュニケーションをとった経験がないとこの教育は成立しません。

     

    アイコン
    生活支援サービスFCと社員教育の結びつきとは?
    アイコン
    生活支援サービスは多くの場合、お客様のお宅にお邪魔してサービスを提供させて頂くことがほとんどです。見方を変えると信頼していただいているからお宅にお邪魔させて頂けると言えます。この信頼はどこから生まれるかと言うと、ベンリースタッフであるということが一つ。またお問合せ頂く際の電話の応対や会話の中身でもう一つではないかと思います。

ご加盟企業の方より

  • 「生活支援サービス産業へいち早く参入したいが、ベンリーさんの人材育成システムとノウハウを自社で構築しようと思ったら何十年もかかってしまいますね。」


  • 「研修や人材育成にとても力を入れていて、本気になって人を育てる姿勢に大変関心を持ちました。」


  • 「研修から戻ったスタッフが変わった。自分達で問題点を探り、何をしなければいけないかを考えて行動しようとする意識が非常に高まった。」


  • 「研修後も直営店での現場実習、オープン直後から地区担当者が付き添いながら実際のお客様宅を回り、指導してもらえ、サポートが手厚い。」


  • 説明会開催中

    事業内容の説明だけでなく、ベンリーのスタッフと話をして疑問点を解消してください。

    無料説明会のご予約

    資料をお求めの方は

    ご興味・ご関心を持たれた方に、より詳細な資料を無料にてお届けいたします。

    資料請求はこちら

    携帯電話・PHSからでもOK!お電話のお問合せは 0120-80-4904

    Copyright © 2010.Benry Corporation. All Rights Reserved.
    生活支援サービスのベンリーコーポレーション 便利屋チェーン加盟店募集ページ